エレキベース初心者のための入門サイト

ベース > エレキベース・メーカーの種類 > フェンダーのエレキベース > フェンダーUSAジャズベースについて

フェンダーUSAジャズベースについて

Fender USA Jazz Bass

エレキベースの永遠のスタンダードモデルといえば、やはりフェンダージャズベースでしょう。ロックをはじめとする近代のポピュラーミュージックはこのベースと共にある、と言っても過言ではありません。1960年代に誕生したジャズベースですが、現代においても多くのベーシストによってプレイされ続けています。ヴィンテージ・ジャズベースの愛好家も少なくありませんが、現代のモデルも非常に完成度が高く、より「今の音楽」にマッチしたサウンドをアウトプットしてくれます。

現在、日本国内で購入することのできるジャズベースにはフェンダーUSA(メキシコ製も含む)と日本製のフェンダー・ジャパン、そして廉価ブランドのスクワイアの3ブランドのものが存在しています。それぞれ異なった特徴、そしてラインナップとなっていますので、予算や好みに合わせて選ぶようにしましょう。

今回はその中でも、特にフェンダーUSAに焦点を当ててご紹介したいと思います。

フェンダー・エレキギターの種類 – エレキギター博士

USAとメキシコ、違いはある?

まずはフェンダーUSA、メキシコについて知ることからスタートしましょう。
ジャズベースを生み出したフェンダーというブランドは長い歴史を持っていますが、その過程で何度か売却され、企業としては創業当時とは別物となっています。そんなフェンダーブランドの遺伝子をもっとも正当に受け継いでいるのが現在のフェンダーUSAです。

楽器店などではフェンダーUSA、メキシコと分けて表記されることも少なくありませんが、製造工場によって分けられているだけで別ブランドというわけではありません。基本的にはアメリカ・カリフォルニア工場で製造された主力モデルがフェンダーUSA、そしてメキシコ工場で製造された廉価モデルや特殊モデルがフェンダーメキシコ、と呼ばれています。

フェンダーUSA

jazzbass head

現在、フェンダー・ジャズベースの主力モデルのほとんがアメリカ工場で製造されています。人気の高いヴィンテージジャズベースの復刻モデルから、モダンスペックを採用した近代的なモデルまで幅広くラインナップされています。一般的にフェンダー・ジャズベースといえば、ほとんどがこのフェンダーUSAのモデルの事を指していると言っても過言ではないでしょう。

メキシコ工場の設立当初、USAはフラッグシップモデルを中心とする高級モデルが中心のラインナップとなっていましたが、2000年代に廉価シリーズの「ハイウェイ1」が登場して以降、比較的安価なモデルも製造されるようになっています。

また、フェンダーUSA内にはよりハイクオリティなモデルを製造する「カスタムショップ」と呼ばれる部門も備えられており、よりバリエーションの広いジャズベースが製造されるようになりました。

フェンダーメキシコ

5弦ジャズベース
5弦ジャズベース

アメリカと比較して人件費が安いことから、設立当初は廉価モデルがラインナップの中心となっていたフェンダーメキシコですが、近年ではオリジナリティあふれる実験的なモデルを多く製造しています。アクティブイコライザーや5弦仕様を採用したモダンスペックのモデルから、ヴィンテージスタイルのモデルまで、そのラインナップの幅は非常に広く、トップベーシストの中にも愛用者は少なくありません。もちろん、廉価モデルも揃っていますので、フェンダージャスベースの入門モデルとしても非常に良い選択肢の一つとなっています。

かつて、廉価モデルを中心に製造していたことから、アメリカ製フェンダーよりもスペックが劣るのでは?と思われている方も少なくないかもしれません。しかし、最新設備を備えられた工場では非常に高精度な木材加工が可能となっていますし、ほとんどのパーツはアメリカ製フェンダーと共通のものが使用されています。

コストパフォーマンスに優れ、その上アメリカ製フェンダー以上に個性的で挑戦的なモデルを生み出しているメキシコ製フェンダーはこれからのフェンダー・ジャズベース歴史を築く上で欠かすことのできないものの1つであると言えるでしょう。

プレシジョンベースとの違いは?

jazzbass-precisionbass 上:American Standard Jazz Bass Candy Cola、下:American Standard Precision Bass Candy Cola
ピックアップ配列以外にも、ボディの形が違うのがわかる

ジャズベースの兄弟機種であるプレシジョンベース、どちらを選んだらいいかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。2モデルの大きな違いはピックアップに現れています。一般的には

  • Jazz Bass:シングルコイル・ピックアップ2基、ネックは細めで握りやすい、ロック/ポップス/フュージョンなど、繊細なプレイに適している
  • Precision Bass:ハムバッカー・ピックアップ1基、ネックは太め、ロック/ハードロック/ヘヴィメタルに適した太く元気な音

という特徴で分類されます。
フェンダーUSAプレシジョンベース
フェンダー・ジャズベースの選び方

フェンダーUSAジャズベースを使用するアーティスト

松岡彩(シシャモ)


人気急上昇中のガールズバンド「シシャモ」のベーシストである松岡彩は現行のフェンダーUSAやメキシコのジャズベースを愛用しています。現行モデルらしいモダンでありながら伝統的なジャズベースサウンドを聞かせてくれています。

マリア(ダムダムガールズ)


独特のローファイサウンドで全米で人気急上昇中のガールズバンド、Dum Dum Girls のベーシストであるマリアの愛機はアメリカンスタンダード・ジャズベースです。ローファイサウンドの中でも現行ジャズベースのサウンドは輝きを放っています。

シン(シム)


その独自の音楽性からコアな音楽ファンの間でも評価が高まりつつあるミクスチャーロックバンド、SiM のベーシスト、シンは70年代スタイルのフェンダーアメリカンヴィンテージ・ジャズベースを愛用しています。ジャズベースの持つ幅広いサウンドが、シムの幅広いサウンドに見事にマッチしています。

フェンダーUSA/メキシコ工場でつくられるジャズベースのラインナップ

フェンダーUSA製ジャズベースは大きく分けて

  • Fender CUSTOM SHOP
  • STANDARD
  • DELUXE
  • VINTAGE
  • AMERICAN PRO
  • AMERICAN ELITE
  • JAPAN EXCLUSIVE
  • ARTIST

というプラットフォームに分けられ、それぞれから多岐に渡るラインナップが用意されています。ここでは各ラインナップから代表的なモデルを紹介していきたいと思います。

アメリカン・スタンダード・ジャズベース生産完了

Fender American Standard Jazzbass

2016年までの間フェンダーUSAのもっともスタンダードなラインナップだったのがアメリカン・スタンダード(American Standard:通称アメスタ)シリーズです。アメスタ・シリーズのジャズベースでは60年代前半のスペックを基本としながらも、ピックアップやブリッジなどに改良を加え、2012年以降はピックアップにカスタムショップ製のものを採用することによって、よりハイクオリティなサウンドを得ることに成功。モダンなサウンドを出力することが可能となっています。2017年アメリカン・プロフェッショナル・シリーズの登場によって生産完了となっています。
アメリカン・スタンダード・シリーズの中でも通常ラインナップのほかに「左利きモデル Left-Hand」「5弦モデル V」「フレットレス・モデル Fretless」が用意されています。


American Standard Jazz Bass Demo

American Standard Jazz bass を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R 楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・プロフェッショナル・ジャズベース

American Professional Jazz Bass

アメスタの後継機種として2017年より登場したアメリカン・プロフェッショナル(American Professional)シリーズ。アメスタの哲学である「音楽ジャンルを限定しない汎用性の高さ」と「快適なプレイアビリティ」を継承し、ヴィンテージ・スタイルを残しながら現代的なスペックに一新されています。本シリーズのジャズベースでは新開発のV-ModシングルコイルJazz Bassピックアップ搭載、モダンなSlim Cネック、ミディアムジャンボフレットよりも細く高さのある「ナロートール」フレット、新設計のギア式チューニングペグを採用、新たなスタンダードとなったジャズベースです。
4弦モデルの他にフレットレス仕様、5弦モデルもラインナップされています。


Nik West Breaks Down the Fender American Professional Jazz Bass

American Pro Jazz bass を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・デラックス・ジャズベース生産完了

Fender American Deluxe Jazzbass

モダンスタイルのスタンダードモデルとなるのがアメリカンデラックス(American Deluxe:通称アメデラ)ジャズベースです。最大の特徴はアクティブサーキットを搭載することによって、より幅広いサウンドメイクが可能になった、という点でしょう。さらに、パッシブ回路への切り替えも可能となっていますので、あらゆるスタイルの音楽に対応することのできる万能なベースに仕上がっています。こちらも5弦モデルが用意されています。

American Deluxe Jazz bass を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R 楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・エリート・ジャズベース

American Elite Jazz Bass

アメデラに変わるかたちで2016年に登場したアメリカン・エリート(American Elite)シリーズ。本シリーズのジャズベースでも、第4世代ノイズレス・ピックアップ/18Vプリアンプ搭載によるアクティブ – パッシブ切替/モダンCシェイプ→Dシェイプに変化するコンパンウンドラディアス指板など、アメデラ譲りのモダンスペックにさらに磨きがかかっています。アメデラ同様、5弦ベースのモデルがラインナップされています。


Introducing the Fender American Elite Bass: Built for the Pursuit
アメリカン・デラックス・シリーズの後継シリーズとして登場したアメリカン・エリート・シリーズのジャズベース

American Elite Jazz bass を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・ヴィンテージ・ジャズベース

Fender American Vintage Jazzbass 左3本:American Vintage ’64、右3本:American Vintage ’74

ヴィンテージスタイルのジャズベースを忠実に再現したモデルがアメリカンヴィンテージ・ジャズベースです。

  • 60年代前半のモデルを再現した「American Vintage ’64 Jazz Bass」
  • 70年代のモデルを再現した「American Vintage ’74 Jazz Bass」

の2種類がラインナップされており、それぞれ当時のスペックをほぼ完ぺきに再現しています。ヴィンテージサウンドに憧れているけれど、高価で手が出ない…という方にとってばベストな選択肢となるのではないでしょうか?


American Vintage ’64 Jazz Bass Demo

American Vintage Jazz Bass を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R 楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・スペシャル・ジャズベース

Fender American Special Jazzbass

フェンダーUSAの廉価モデルに位置するのがアメリカンスペシャル・ジャズベースです。70年代のジャズベースを基本として設計されていますので、廉価モデルでありながら独特な個性を持ったサウンドを出力することができるベースとなっています。
ジャズベース初心者にはもちろんのこと、トッププレイヤーでも満足することのできる素晴らしい一本であると言えるでしょう。

American Special Jazz bass を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

スタンダード・ジャズベース(メキシコ工場製)

Fender Standard Jazzbass

メキシコ工場製ラインナップの中でも、もっともコストパフォーマンスに優れたモデルがスタンダード・ジャズベースです。フェンダー・ジャズベースの基本スペックをしっかりと押さえながらも驚異的なコストパフォーマンスを実現しています。入門者はもちろんのこと、上級者にとっても頼もしい相棒となってくれるクオリティを実現しています。

MEXICO Standard Jazz bass を…
R 楽天で探す Aアマゾンで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

ロードウォーン60’sジャズベース(メキシコ工場製)

road-worn-jazzbass

メキシコ工場製のジャズベースの中でも特に高い人気を集めているのがロードウォーン60’sジャズベースです。60年代前半のモデルを忠実に再現したスペックに、さらに長年使いこまれたかのような加工を施すことによってまるで本物のヴィンテージベースのような風格を持たせることに成功しています。今、メキシコ製フェンダーのジャズベースの中でももっとも注目を集めているモデルと言えるかもしれません。

Road Worn ’60 Jazzbass を…
R 楽天で探す Aアマゾンで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アーティストモデル

世界的人気を誇るジャズベースですが、本家フェンダーのアーティストモデルは4種類しか存在していません。逆に言うと厳選したアーティストモデルのみをリリースしているとも言え、ジャズベース・ブランドのプライオリティを保っている格好となっています。

Jaco Pastorius Jazz Bass

Jaco Pastorius Jazz Bass

ギターの神様がジミ・ヘンドリックスなら、ベースの神様はジャコ・パストリアスだと言えるのではないでしょうか。そんな「ジャコパス」モデルのジャズベースは、本人が弾いていたジャズベースのスペックを再現したスペックとなっており、フェンダー最上位のカスタムショップからもリリースされています。

ピックガードなしのアルダー・ボディ、”C”シェイプ・メイプルネック、インレイが施されたフレットレス指板、ピックアップにはAmerican Vintageシングルコイル/Jazz Bassピックアップ2基が搭載されています。

Jaco Pastorius Jazz Bassを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す


現行フェンダーUSAやメキシコのジャズベースによってこれから新しいヴィンテージと呼ばれるベースが誕生するのかもしれません。