エレキベース初心者のための入門サイト

ベース > ベース入門講座 > ベースの種類と選び方 > 《豊かな生音》アコースティックベースについて

《豊かな生音》アコースティックベースについて

アコースティックベース VINCENT VB-7c:《カフェとギター》VINCENT訪問インタビュー

アコースティックギターと同じような空洞のボディーを持ったベースをアコースティックベース(アコースティックベースギター)と呼びます。4弦のアコースティックベースのチューニングはエレキベースと同様のものが一般的で、5弦や6弦の楽器も存在します。1990年代にMTVアンプラグドというアメリカのテレビ番組で頻繁に使用されていたことからポピュラーになってきました。

ボディが空洞なため当然アンプを使わなくても音は出ますが、ピックアップが搭載されアンプに繋げるようになっている楽器がほとんどです。ちなみに、いわゆるウッドベースもアコースティックベースと呼ばれることがありますが、当記事ではアコースティックギター型のベースのみを扱います。


Eric Clapton – Change The World (Live Video Version)
Nathan east(ネイザン・イースト)がMTVアンプラグドでアコースティックベースを多用したことにより、この楽器の存在が広く知れ渡ってきました。

エレキベースとの相違点・類似点

エレキベースとアコースティックベースの比較 上:Fender American Professional Jazz Bass、下:Fender CB-100CE Bass
どちらもスケール長864mm

エレキベースとの1番の大きな違いはやはりボディ形状です。エレキベースと比べ大きさ・厚みともに増える傾向にあるため、とくに右手の使い方に慣れが必要になります。一方、ネックに関してはエレキベースと近い形状のものが多く、左手はエレキベースと同様の感覚で演奏可能です。また、スラップなどのエレキベースならではの特殊な奏法も可能です。

アコースティックベースのメリット・デメリット

アコースティックベースの一番のメリットは、やはりその音色にあると思います。アコースティックギターやパーカッションなどを用いる演奏に好相性なのは言うまでもないですし、ウッドベースに近い音色なのでジャズ等に用いるのも面白いですよ。また楽器の見た目からもアコースティックな雰囲気を演出できることもメリットとして挙げられます。さらに、アンプを通さなくてもある程度の音が出るので手軽に演奏できます。

一方、デメリットとしてまず挙がるのは、音量を稼げないことです。大きな音を出してしまうと、その音がボディに共鳴しハウリングを起こしてしまいます。そして、メリットのほうにも書いたアンプを通さなくても音がでることは、練習場所や時間の制限が出てくるという面ではデメリットにもなってしまいます。


John Scofield Jazz_in_Marciac : Mardi 2 août 2016
Steve Swallow(スティーブ・スワロー)は、アコースティックベースをピック弾きでジャズを演奏するという独特のスタイルで知られているベーシストです。この動画を見てもわかるように、ピッキングがダウンではなくアップ主体なのも興味深いですね。

これから始める人にお勧めのアコースティックベース

主にこれから楽器を始める方を対象に、お勧めのアコースティックベースを価格帯ごとに紹介していきます。

本体実売価格¥10,000~¥30,000

URIEL UJB-200CE

URIEL「UJB-200CE」はミュージックランドKEYオリジナルオーダーのアコースティックベースです。廉価ながら、4バンドイコラーザー・クロマチックチューナ・フェイズスイッチなどが搭載されたとても実用的なスペックになっています。

URIEL UJB-200CEを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す


Greg Bennett AB-2

Greg Bennett AB-2

コストパフォーマンスに優れたギターの製造で知られるGreg Bennettの「AB-2」は、ボディのトップがスプルース、サイドとバックがマホガニーで作られており、ナチュラルな響きが特徴です。また、2バンドのイコラーザーにより幅広い音作りが可能です。同価格帯にフレットレスもラインナップされています。

Greg Bennett AB-2を… YYahoo!ショッピングで探す


ARIA FEB-FL

国産老舗ギターブランドARIAのアコースティックベース「FEB-FL」はフレットレス仕様なので、よりアコースティックなナチュラルなサウンドが得られます。指板のサイドにポジションマークが付いているので音程面も安心です。見た目では、Fホールと呼ばれるバイオリンと同じようなサウンドホールが特徴的ですね。4バンドイコライザーとチューナーも搭載されています。

ARIA FEB-FLを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す


本体実売価格¥30,000~¥50,000

Fender CB-60SCE

Fender CB-60SCE

フェンダーのスタンダードな仕様のアコースティックギター「Classic Design」シリーズ唯一のアコースティックベース。ボディトップに単板スプルース、ボディバックとサイドにはマホガニー。Fishmanピックアップ・システムを内蔵し、ライブパフォーマンスにも最適。スリムで丁寧なエッジ加工が施された「Easy-to-Play」ネックを採用し、優れたプレイヤビリティを実現します。

CB-60SCEを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す

Ibanez AEGB14E

Ibanez AEGB14E

ミディアムスケールで細身のネックに薄めのボディという、エレキベースからの持ち替えでも違和感のない取り回しに優れたモデルです。ボディはトップ・ボトム・サイドすべてマホガニーが使用されています。2バンドイコラーザーとチューナーが搭載されています。

Ibanez AEGB14Eを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す

DEAN EAB C BASS

DEAN EAB C BASS

トップがスプルース、サイドバックがマホガニーという正統派仕様のボディ材が採用されたモデルです。オリジナルのパッシブプリアンプによりナチュラルなサウンドが得られます。ボディがシングルカッタウェイになっており、ハイポジションでも違和感なく演奏可能です。同価格帯に同仕様の5弦モデルもあります。

DEAN EAB C BASSを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Bacchus BAB600M

Bacchus BAB600M

通常のベースのスケールよりも240mm短い620mmスケールのモデルです。このスケールは一般的なギターと同程度の長さで、より手軽に演奏することが可能です。DAOという木材によるエキゾチックな木目のボディも印象的です。同価格帯にフレットレスもラインナップされています。

Bacchus BAB600Mを…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

本体実売価格¥50,000~¥80,000

Warwick Rockbass Alien Deluxe

Warwick Rockbass Alien Deluxe

Warwickの中国工場にて生産されるライン「Rockbass」シリーズのアコースティックベースです。ボディのサイドとバックには木目の美しいブビンガ材が使用されています。独特な形状のサウンドホールは、ハウリングが起きにくいようデザインされています。ネックはミディアムスケールが採用されています。

Warwick Rockbass Alien Deluxeを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Fender CB-100CE BASS

Fender CB-100CE

エレキベースの元祖「フェンダー」によるアコースティックベースです。トップがスプルース、サイドバックがマホガニーのボディ材という、いかにもフェンダーらしい王道的な作りになっています。ネックのシェイプがジャズベースと似たものとなっているので、エレキベースからの持ち替えも安心です。

Fender CB-100CEを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Crafter GAB-24S

Crafter GAB-24S

韓国ソウルで創設されたアコースティックギターメーカー「Crafter」によるアコースティックベースです。シトカスプルース単板トップによる豊かな鳴りが特徴です。サウンドホール周りのインレイなど見た目にもこだわりが感じられる使用となっています。スケールはミディアムスケールが採用されておりプレイアビリティも高くなっています。

Crafter GAB-24Sを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す


Luna de Santiago – Carles Benavent
Carles benavent()はスペインのトップベーシスト。フラメンコの国ならではの独特のリズム感とフレーズが特徴的です。

中級者向け~ハイエンドのアコースティックベース

本体実売価格¥80,000~

この価格帯になると、Takamine PB5、K.Yairi YB-2、Godin A4、Martin Custom 00c-16 GATE BASSなどアコースティックギターにおいて高い評価を受けるメーカーのアコースティックベースを手に入れることができます。

Takamine PB5

Takamine PB5

大ぶりのボディとアーチ(曲面)加工されたバックにより、豊かな低音を得ることができます。またボディを強固な造りにし、振動を抑えることでハウリングを可能な限り減少させています。タカミネオリジナルのDMPプリアンプが搭載されており、細かなサウンドメイクが可能です。

Takamine PB5を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

K.Yairi YB-2

K.Yairi YB-2

ボディ材はトップにスプルース、バック・サイドにオバンコールが用いられています。ボディは大型ですが、スケールはミディアムスケールが採用されており、豊かなサウンドと高いプレイアビリティを両立させています。ピックアップには、アコースティックギターのピックアップとしても評価の高い「L.R. Baggs」社のELEMENT VTCが使われています。

K.Yairi YB-2を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す

Godin A4

Godin A4

エレクトリックアコースティックギターの有名ブランド「Godin」によるアコースティックベースです。独自のダブルチェンバーボディ構造により、エレキと近い演奏製ながらアコースティックなサウンドを得ることができます。コントロール部分も非常に充実しており、多彩な音色を作り出すことが可能です。

Godin A4を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す


ベース入門講座

ベースの周辺機材

ベースを練習する

ベース Topics

ベース・メーカーの種類