エレキベース初心者のための入門サイト

ギブソンEBベースについて

ギブソン EBベース

ギブソンが初めて世に出したエレキベースについてご存じですか?フェンダーでは50年代からプレシジョンベースやジャズベースの販売されており、現在でもエレキベースのスタンダードとして、多くのベーシストに愛されています。
その一方で、ギブソンも50年代からエレキベースの生産をスタートしています。

ギブソンが最初に世に出したエレキベース。それがEBシリーズになります。今日ではあまり目にする機会はありませんが、非常に完成度の高い楽器として、近年再評価されるようになってきました。

そんなギブソンのEBベースについてお話しましょう。

EBベースの特徴

それでは最初にEBベースとはどのようなものなのかを知ることからはじめてみましょう。その特徴をまとめてみました。

ヴァイオリンシェイプが特徴的なEB-1

EB-1 引用元:http://www.rainbowguitars.com/vintage/gibson/1956-eb1-bass/eb1/us

ギブソンが最初に作ったエレキベースがEB-1です。最大の特徴は個性的なヴァイオリンシェイプでしょう。
小型のボディに、フロントピックアップが1基だけ、という非常にシンプルなデザインとなっています。デザインとしてはヴァイオリンがモチーフとなっていますが、その構造は全く異なっています。ボディはソリッドになっており、現在のギブソンエレキベースとほぼ同じです。

スケールはフェンダーベースのほとんどのモデルで採用されているロングスケールではなく、30.5インチのショートスケールとなっています。

この短いスケールと、フロントに配置されたピックアップから、そのサウンドは非常に中低域に寄った独特なものとなっています。
ソリッドボディでありながら、ウッディでどこかアップライトベースを思わせるようなサウンドがとても魅力的です。

ただ、ピックアップレイアウトとサーキットの構造(1ヴォリューム、1トーン)から、作ることのできるサウンドの幅はそれほど広くはありません。
さまざまなジャンルに対応することのできるベースとは言えないかもしれませんが、とても高い魅力をもったベースです。

セミアコースティックベースのEB-2

EB-2

EB-1に次いで登場したのがセミアコースティック構造を持つEB-2でした。ただ、純粋な後継モデルというよりもバリエーションモデルとしての登場でしたので、1970年代までEB-1と並行して製造・販売されていました。

ギブソン・セミアコースティックギターの代表機種であるES-335などと同様に、センターブロックを持ったセミホロー構造で、ダブルカッタウェイシェイプが採用されています。
ネックスケールは、EB-1と同様にショートスケールとなっています。

ピックアップの配置はフロントにハムバッカー1基のみとなっています。セミアコースティック構造と、このピックアップレイアウトによって、EB-1よりもさらにウォームで太いサウンドの出力が可能となりました。
ただ、あまりに中低域に寄りすぎている、という点はとても魅力的な部分でもありますが、サウンドメイクの幅は狭くなってしまう、というデメリットとも言えるでしょう。

しかし、このベースでしか出すことのできない独特のサウンドは現在でも多くのベーシストに愛されています。

SGベースへと進化を遂げたEB-3

EB-3 1962 Gibson EB-3

ギブソンベースの完成形として、誕生したのがEB-3です。ソリッドボディのダブルカッタウェイシェイプを採用したこのモデルは現在もSGベースと呼ばれ、ラインナップされています。

EB-1、EB-2の欠点であった、サウンドの幅の狭さをリアポジションにピックアップを追加することによって解消することによって、ギブソンのエレキベースの完成形と呼ばれています。
ネックシェイプも基本的には30.5インチのショートスケールとなっていますが、ロングスケールを採用したEB-3Lもラインナップされました。

2ピックアップにロングスケール。現在のギブソンのエレキベースの主力であるサンダーバードの原型がここに誕生したと言えるでしょう。

EBベースを愛用するベーシスト

強い個性のEBベースですが、トップアーティストの中にはこのサウンドに魅せられている人も少なくありません。

ジャック・ブルース

EBベースを使用しているアーティスト言えば、やはりクリームのジャック・ブルースは外すことはできないでしょう。ジャックはヴァイオリンシェイプのEB-1、そしてSGシェイプのEB-3をメインとして頻繁に使用していました。
近年の再結成時に手にしていたのもやはり、ヴァイオリンシェイプのEB-1でした。
人によっては使いづらい、と言われる中低域に寄ったサウンドを活かすサウンドメイク、そしてベースプレイは見事です。
EBなしではジャック・ブルースは語れませんし、また、ジャック・ブルースなしではEBを語ることは決してできないでしょう。

ジョン・ポール・ジョーンズ

レッドツェッペリンのベーシストであるジョン・ポール・ジョーンズもEB-1を愛用していました。残念ながら、レコーディングでのメインベースだったようでライヴなどではほとんど使用されていません。
しかし、そのサウンドは初期のツェッペリンの音源で確認することができます。ジャック・ブルースとはまた違ったアプローチでのEBサウンドを聞いてみましょう。

現在のEBベースは?


2013年に登場した新しいEBベース

長い間、ギブソンのラインナップから姿を消していたEBの名を冠するエレキベースですが、2013年、まったく新しい形で復活を遂げました。

これまでのEBベースや、サンダーバード、グラバーといったギブソンベースとは異なる、まったく新しいダブルカッタウェイシェイプを採用し、ピックアップには2基のハムバッカーが搭載されています。

また、ボディ材にもこれまでギブソンではほとんど使用されることのなかったアッシュ材を採用することによって、よりフェンダーライクな抜けの良いサウンドを生み出すことに成功しています。

長い間使われることのなかったEBの名を復活させることによって、ギブソンベースは新たな展開を見せてくれるのかもしれません。

EBベースのラインナップは?

現在、入手可能なギブソンEBベースのラインナップをご紹介しましょう。

ギブソンEBベース

2010年以降のギブソンEBベース

60年代から70年代にかけて販売されていたEBシリーズとは全く異なった形で2010年代に入って登場した新しいギブソンベースがEBベースです。
ボディシェイプや、ピックアップ、使用材にいたるまで、すべてを一新し、現在の音楽シーンにマッチする幅広いサウンドメイクが可能となっています。
R ギブソンEBベース を楽天で探す

エピフォン・ヴィオラ

epiphone-viola-bass

EB-1にもっとも近いシェイプをもったエレキベースが、エピフォン・ヴィオラでしょう。しかし、残念ながら純粋な復刻モデルというわけではありません。
まず、ピックアップレイアウトがミニハムバッカー2基となっていますので、あの独特の甘いトーンを再現することはできません。
その代わりに、リアピックアップが搭載されていることによって、幅広いサウンドメイクが可能な非常に汎用性の高い優秀なベースに仕上がっています。

ギブソンの廉価ブランドであるエピフォンのラインナップですので、比較的購入しやすい価格で販売されているのも魅力的です。
R エピフォン・ヴィオラ を楽天で探す