エレキベース初心者のための入門サイト

フェンダー ベースVI

フェンダー ベースVI

BASS VIは、1961年から1975年まで発売された6弦エレキベースです。
現在主流となっている6弦ベースとはチューニングが異なり、スパニッシュギターの1オクターブ下に当たる、“E-E”チューニングが標準とされています。

6弦という形状に加え、電気系統にも新たな試みが多く搭載されました。
初期モデルはボディ、電気回路等がジャガーギターと類似していますが、3基のストラトキャスターのピックアップを装備し、各ピックアップのON/OFFという3つのスイッチが追加されているのが大きな特徴となっており、後期には4つめのスイッチとしてロー・カットも追加される様になります。

幅広い活躍幅の電気系統と多弦はソリストやギタリストにとっては理想的なものとなりましたが、1960年代、エレクトリックベースでソロを弾くプレーヤーがほぼいないという(必要とされなかった)時代背景からベースとしてはあまり高い評価を得られませんでした。

ベースというカテゴリーよりもバリトン・ギターとして考えられる事も多くありました。元々ベースとして作られている所から、ベースアンプで鳴らせばしっかりとした低音が出るので、バリトン・ギターのベース版として、ギターやベースどちらにも使えるという点が大きなメリットとして挙げられます。

音色

3基のシングルコイル・ピックアップにミュートスポンジがサドル付近に挟み込んであり、他の楽器では決して再現出来ない唯一無二の特徴的なサウンドを奏でる事が出来ます。
独特のサウンドがサーフミュージックやチクタクサウンドの要となり、エレクトリックベースプレーヤーのみならずギタープレーヤーにも支持を得る事となりました。
1975年の生産終了後も根強くファンに愛され続けています。

フェンダー・カスタムショップやジャパンラインからも度々限定発売されていた事がありますが、デットストックを見つけない限り中古しか出回っておらず、高価なヴィンテージの値がついている事もしばしばあります。

フェンダー・ジャパンからの再販

2012年3月からフェンダー・ジャパンにて再復活を遂げました。

フェンダージャパンからギタリスト/ベーシストに人気のエレキギター「BASS VI」復活! – エレキギターニュース.com

フェンダー ベースVI を…