エレキベース初心者のための入門サイト

ベース博士 > ベーシスト一覧 > ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー

使用ベース】 : hofner、Rickenbacker、Fender Jazz Bass
【所属バンド】 : The Beatles

【本名】ジェームズ・ポール・マッカートニー
【生年月日】1942年6月18日
【出身地】イングランド

解散してもなお世界中の音楽好きを魅了し続け、フォロワーを増やし続けているザ・ビートルズのベーシスト・ヴォーカリストにして希代のソングライター、ポール・マッカートニー。ジョン・レノン(Gu&Vo)とのソング・ライティング・チームは数々の名曲を生み出し、ロックの可能性を大きく押し進めた。そんな中で「ロック・バンドにおけるベースの在り方」を定義付けたのは、このポール・マッカートニーだと言っても過言ではない。時にドライヴするようなラインで曲を牽引し、時に裏メロでヴォーカルに対するカウンターを入れるなど、見事としか言いようのない歌伴ベースの名演を数えきれないほど生み出してきたレジェンドの足跡を追ってみよう。

ポールマッカートニーの軌跡

プリーズ・プリーズ・ミー~ウィズ・ザ・ビートルズ

please-please-me Please Please Me のシングル・アートワーク

ジョンを中心としたザ・ビートルズの前身バンド「クオリーメン」での活動を経てシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」でデビューしたザ・ビートルズは、続いてリリースされたシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」の大ヒットにより早くもイギリスで人気バンドの仲間入りを果たす。満を持して発表された1stアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」で驚異的な成功をおさめたザ・ビートルズ。トップ・ノーツのカバー曲「ツイスト・アンド・シャウト」を聴けば、ポールのベースを歌わせるライン作りはデビュー・アルバムの時点で完成していたことがよく分かる。続く2ndアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録の「オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ」では当時では珍しかったベースにおけるコード弾きを取り入れるなどベーシストとして革新的な一面も覗かせている。

ハード・デイズ・ナイト~ヘルプ!

3rdアルバム「ハード・デイズ・ナイト」は日本では「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」のタイトルでお馴染みの映画「ハード・デイズ・ナイト」のサントラとして制作された。「すてきなダンス」でのヴォーカルに寄り添うようなメロディ、「キャント・バイ・ミー・ラヴ」でのグルーヴ感溢れるベース・ラインなど歌心満載のプレイが存分に楽しめる。4thアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の冒頭を飾る「ノー・リプライ」、続く「アイム・ア・ルーザー」の叙情的な流れはあまりにも美しく、レノン・マッカートニーのソング・ライティングの素晴らしさを改めて感じさせてくれる。「アイム・ア・ルーザー」でのポールのウォーキング・ベースもベーシストとしては聴き逃す訳にはいかないだろう。5thアルバムであると同時に映画「ヘルプ!4人はアイドル」のサントラとなった「ヘルプ!」、タイトル曲となった「ヘルプ!」は説明不要なほど有名な曲(と言ってもビートルズはほとんどの曲がそうとも言えるが…)であるが、いつまでも色褪せないコーラス・ワークは今だに世界中の人々を心躍らせている。名バラード「イエスタデイ」はこのアルバムに収録されている。

ラバー・ソウル~リボルバー

rubber-soul

6thアルバムとなる「ラバー・ソウル」からビートルズは一気に音楽性の幅を広げ始める。レコーディング手法の工夫や、シタールなど新たな楽器の導入やサイケデリックな雰囲気を作品に取り入れるなど、よりアーティスティックな方向にシフトしていった。「嘘つき女」ではファズで激しく歪ませたポールのベースを聴くことが出来る。「イン・マイ・ライフ」の美しさは感涙もの。
7th「リボルバー」はよりサイケデリックな音楽性にシフトしていくアルバムであり、ビートルズの革新的な側面を味わえる作品である。「タックス・マン」のダンサブルなリフに時折差し込まれるスピーディなフィルでは、ポールのテクニカルな一面を確認できる。「トゥモロー・ネバー・ノウズ」の呪術的ともいえるグルーヴ感は現代のエレクトロニック・ミュージックにも通ずるものがある。ここで聴けるポールのシンプルながらグルーヴの中心になって曲を牽引するポールのプレイは必聴である。

サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド~ホワイト・アルバム

sgt-peppers

8thアルバムは架空のバンド「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」のショウという設定で制作された世界初のコンセプト・アルバムとなる8th「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」。アルバム・タイトルともなった1曲目では激しいリフとランニング・ベースで曲を牽引し、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド」の流れるようなベース・ラインは美しいヴォーカル・メロディを引き立てるなど、バンドの創造力の深化に伴ってポールのプレイも一層冴え渡っている。続いて発表されたのがビートルズ唯一の2枚組アルバム「ザ・ビートルズ」。通称「ホワイト・アルバム」としてファンに親しまれているこの作品は「バック・イン・ザ・U.S.S.R」や「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「ヘルター・スケルター」など名曲揃い。ポールのベース・プレイも存分なボリュームで味わえる作品である。


The Beatles – Hello, Goodbye

イエロー・サブマリン~レット・イット・ビー

let-it-be

アニメ映画のサントラとして制作された「イエロー・サブマリン」には、タイトル曲の「イエロー・サブマリン」や「愛こそすべて」を収録。そして新作「ゲット・バック」の制作にとりかかるも制作は難航。その後改めてバンドの終焉を見据えながら制作されたとされる「アビイ・ロード」が制作された。冒頭を飾るのは数々のミュージシャンに
カバーされた「カム・トゥギャザー」。ポールの繰り出す一度聴いたら忘れられない印象的なリフが、曲全体のヒリヒリとした空気感を生み出している。ベーシストなら一度はコピーしたくなる名リフである。その後前述した「ゲット・バック」のセッションをプロデューサーであるフィル・スペクターが完成させたのが「レット・イット・ビー」である。


Paul McCartney ‘Get Back’ (with Brittany Howard from Lollapalooza 2015)

ビートルズ解散~ウイングス

1970年のビートルズを解散後、ソロ活動を始めたポールは2枚のアルバムを発表した後に、妻であるリンダ・マッカートニーと共にウイングスを結成。映画「007 死ぬのはやつらだ」の主題歌となった「リヴ・アンド・レット・ダイ」やアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」など数々の名演を残した。ウイングスの活動は1981年まで続き、解散後もソロ・アーティストとして精力的に活動を続けている。


Paul McCartney & Wings – Band On The Run

使用機材

hofner-500-1

ポールと言えばhofner 500-1があまりにも有名。ヴァイオリン型のボディが目を引く、甘く太いトーンが特徴的なベース。その他にもRickenbacker、Fender Jazz Bassなどを使用。アンプはVOXのAC-100などを使用していたようである。ちなみにポールは左利きであるため、言うまでもなくベースはレフティ・モデルである。

カールヘフナー(Karl Höfner)のギターについて

名盤:リボルバー

Revolver

  • アーティスト:The Beatles
  • レーベル:EMI( 1991-07-20 )

「ディア・プルーデンス」でのグリッサンドを巧みに用いたラインや、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」における軽快なバッキング、「ヘルター・スケルター」のシンプルかつヘヴィなグルーヴなどポールのベース巧者っぷりがこれでもかと詰め込まれた2枚組。「バースデイ」における潔いほどロック感満載の欄ランニング・ベースはベーシストなら一度はコピーしておきたい。ベース的な視点を抜きにしても言わずもがな名曲揃い、全音楽ファン必聴の名盤。

ポールマッカートニーの音源を…